永代供養墓と家族墓の違い

霊園の通路などの共有部分については、霊園管理者やお寺が草むしりやお掃除をしてきれいにしてくれますが、永代使用料を支払って利用している個人のお墓は原則的にその家で掃除や供養など、管理全般をしなければなりません。

よくお隣さんのお墓参りが途絶えて草ぼうぼうになり、こちらのお墓にまで、雑草がかかって困ったという話をきいたことはありませんか。

永代供養墓は、骨壺のままの納骨タイプ、他の方のお骨と一緒に埋葬する合祀墓タイプがあるにせよ、お墓の掃除はもちろんのこと、お彼岸やお盆のご供養、すべて霊園の管理者やお寺が行うので、手間が一切かかりません。

また管理費を求めないケースも多いと思います。

また、宗教や宗派を不問にしているところも多く、気軽に利用でするところが、現代にマッチしたお墓と言えそうです。

 

合祀墓のご相談は華典霊園へ