永代供養墓とは?

永代供養とは、寺院や霊園、納骨堂にご遺骨を納骨または埋葬して、末永く供養や管理することを言います。

そのお墓を永代供養墓と言います。

一般に納骨壇があって個別に骨壺のまま納めるものと、他の方のお骨と一緒に埋葬するものがあり、納骨するものを納骨堂、埋葬するものを合祀(ゴウシ)墓や合同墓といいます。

お墓を建ててもそれを継承される方がいない場合や、承継するお墓があるのですが、次の方が不在で途切れてしまったり、次に方にこうした負担を負わせたくない方が多く利用するようです。

最近は、宗教や宗派にとらわれず、自由に利用できることろが、増えてきているようです。

 

合祀墓のご相談は華典霊園へ